血糖値を下げるためにできること

一度上がってしまった血糖値を、正常な位置にまで戻す方法は、血糖値の元となっているエネルギーの供給を断つことで下げる方法や、エネルギーそのものをしっかり使うことで、簡単に下げることができます。

いくつか方法が考えられますが、例えば、食事に含まれる糖分や塩分の量を減らして、供給そのものを減らす方法が考えられます。

また、「運動」

を行うと、からだは糖分をしっかりと消費しはじめるので、血中の糖分濃度は徐々に下がっていきます。

また、脳を働かせるために消費されているエネルギーも糖分なので、何かを考えたり、勉強をしてみたりすることで、同様に血中の糖分をエネルギーに変えて消費させることができます。

これらの方法は、わたしたちが普段の生活のなかで、からだが自然と行っている代謝運動の一つなのですが、このような方法では正常値まで下がらなくなってしまった場合は、かなり大きな注意が必要になってきます。

厳しい事態と言わざるを得ません。

また、血糖値を下げる効果的な方法には、民間療法の領域内でいうならば、おもには食事内容の改善が、多くの人気を得ているようです。

そもそも、血糖値と深い関係にある体内物質は「インスリン」

というホルモン性物質にあると言われています。

インスリンは、簡単に言えば血糖値を下げることのできるホルモン性物質なので、このインスリンをたくさん分泌できるようになる食べ物を摂取すればよい、というわけです。

インスリンは膵臓(すいぞう)というとても小さな臓器から分泌されているホルモン性物質で、ランゲルハンス島(膵島)とよばれる器官のベータ細胞から分泌されている、ペプチドホルモンの一種です。

基本的に人体は、血中のグルコースの量によって分泌量が決まっているのですが、正常化などについて詳しく記載されているサイトがありますのでご紹介しておきます。

血糖値を下げるサプリがあるんです。

サプリメントや食事療法などについても書かれているのでご参考頂ければ幸いです。

コメントはまだありません

Comments are closed.

RSS feed for comments on this post.